不動産売却の流れ

jdtyd相続やそのほかの理由などにより、不動産売却を行いたいという方もいらっしゃるでしょう。
査定などを取り入れて信頼できる業者と契約を結ぶこともまた大きなポイントといえるでしょう。
では、ここでは具体的な売却の流れというものについて考えていきたいと思います。

相場を知り計画を立てること

どのていどで所有している不動産が売却できるかどうかの計画を立てていきましょう。
物件の周辺相場やその環境などを知ることが重要になってきますので、地価の場合国がその指標を資料として公開していますので閲覧する方法もあります。
より詳細な部分までその相場を知っておくと安心かと思います。

不動産業者とパートナーシップを

不動産売却のためには、不動産業者を選ぶことが求められます。
具体的に相談をしたり、いくつかの業者の話を聞いてみたり、セミナーに参加したりと総合的に「安心できる業者」を選んでいただくことをおすすめします。
インターネットなどでも比較検討しやすいサービス提供がなされていますので積極的に活用していくのも良いでしょう。

査定の依頼

より具体的な段階となると、まずは査定からかと思います。
売却したい不動産物件の価格を「プロの目」で査定してもらいましょう。
複数の業者に依頼をして比較をすることはよく言われていますが、あまりに数が多くなってしまうと手間がかかってしまい負担につながってしまいがちですので5社前後が理想的とも言われています。
机上査定・訪問査定などそのスタンスもさまざまですので、環境に合わせた方法をチョイスすると良いでしょう。

不動産業者と契約をする

信頼できる不動産業者がみつかれば、媒介契約を結んでいただくことになります。
不動産の売買仲介を正式に依頼をするのが媒介契約と言います。
その形態についてですが、3つほどありますので、希望する売却方法などを踏まえて契約を行いましょう。

具体的に売り出しをしていく

具体的な売出しが始まります。
希望売却金額に近いほうがもちろん良いのですが、そればかりでは売却活動がスムーズに進みません。
不動産業者が出した査定価格や周辺の売却事例と比較検討をすること。もしくは時代や市場の動向などによっても変化するものですから、全てを踏まえて決めていくようにしましょう。
不動産業者が行ってくれるという場合も大半ではありますが、自らが把握しておくこともまた大切なのです。

希望者との交渉

もし、購入希望者が現れたら具体的な交渉が始まります。
価格部分での口臭が多いようですが、もちろんそのほかの条件提示と交渉もしていただけます。
そして、交渉がまとまれば、正確な不動産情報を開示しましょう。
これは、トラブルを避けるためにも重要であると言われています。
仲介を依頼している場合は、「重要事項説明」という制度に基づいて進められますのでスムーズでしょう。

契約を結ぶこと

話し合いがまとまれば、売買契約を結ぶということになります。
手付金をまずは受け取ると言うのが一般的になっており、その割合は不動産物件の10%〜20%といわれています。

引渡し

そして不動産物件の引渡しです。登録申請を行い買主・売主ともに現地に立会い確認を取り合いながら進めていくと良いでしょう。

大きな流れを知っておくこと

今回は、不動産売却の流れについて触れていきました。
不動産業者のフォローが入りますから、自分自身の手間というものは大きいものではないでしょう。
知識がないという方でも進めてはいただけますが、納得して進めるためにもこの工程を覚えておくようおすすめします。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫

更新情報